にいみひろき/Hiroki Niimi 
 

Niimi Hiroki san.JPG

 多摩美術大学卒業後、アートディレクターとして広告や、音楽、ファッションのアートディレクションをやりつつ作家活動を開始。
デジタル=不自由 アナログ=自由 の定義の元デジタルの世界をアナログに落とし込むアートワークを展開。

 にいみひろきは絵画を通し、「クリエイティビティ」の生産と消費を急速なスパンで繰り返す、今日のデジタル化された社会の状況を批判的に考察します。
ウェブや SNS 上において使用され、そして放置されたデジタル広告をはじめとするクリエイティブ・イメージを象徴的に引用しつつ、それらイメージの断片を絵画というアナログなメディアに再構築します。
 

 にいみの制作的スタンスは 50 年代において消費社会に批判と再考を促した状況派 (Situationism) と通じる部分を持ちながら、一方で彼の視線は一貫して「デジタルシフトによって加速するクリエイティヴの消費」という点に向けられています。


 浪費され廃棄されていく人間の創造力。その状況に対する痛烈な批判精神が彼の制作の根底に横たわっています。


 作品化のプロセスにおいて、徹底して物象性にこだわります。自らも広告制作に携わってきた彼にとって今日の「クリエイター」とは、その多くがデジタル・イメージを生産する機械に近く、そこに永続性や独自性は求められません。その反発として、消費が前提となっているデジタル・クリエイティヴを物質に変換し、自らの視点を織り交ぜ、新しい視覚言語として提示します。

 

 彼の活動は、それそのものが私たちが持っている創造性とその行使に対する肯定であり、同時に凄まじい速度によって生産と消費のサイクルを繰り返す現代に対しての警鐘であり、そして一つの反抗のあり方を示すものとも言えるでしょう。

略歴
2011 Red Bull Doodle Artfinalist
2012 モスクワ国際ビエンナーレ - ゴールデンビー入選
2012 メキシコ国際ビエンナーレ入選
2012 C S デザイン賞入賞 商品化
2012 I F F T( 国際見本市) 出展
2013 WorldBiennial Exhibition PostersSelected
2016 MIDTOWN award デザイン部門 入賞
2019 SICF 表参道スパイラル展示
2019 ルミネアートアワードファイナリスト
2020 OCEANS、R25 取材
2020 中目黒 LOUNGE 展示
2020 MEDEL GALLERY SHU 個展
2020 MDP GALLERY グループ展
2020 100 人 10 グループ展
2021 shukado GALLERY グループ展
2021 TAGBOAT AWARD 準グランプリ
2021 UP SIDE DOWN GALLERY グループ展

​Artworks

Supermrket.JPG

Supermarket
100×100 cm

Mixed media

2021

niimi hiroki3.JPG

Cheers

145.5×112cm
Mixed media

2021

Mixed media.JPG

Take it easy

53×45.5 cm
acrylic on canvas

2021

PALMOLIVE.jpg

PALMOLIVE

72.7×60.6cm
Mixed media

2021