坂田源平/GENPEI SAKATA
 

1987年 京都府出身、龍谷大学卒業。

陶芸を職とする父の膝元で幼少時よりものづくりをしながら育つ。

2009年より京都で木彫による動物を発表し始める。

各地での個展、アートフェアではほぼ完売の人気を誇り、次世代の

美術家として期待が大きい。

平成27年度より、文部科学省検定済教科書小学校図画工作科

用に“ゆめをかたちに”として採用掲載。

<個展・主な活動>

2011年 丸善(日本橋店)他

2012年 蔵丘洞画廊(同‘14,‘16,‘18,‘21,‘22)

2013年 ギャラリーかわにし

2015年 ギャラリー枝香庵 

2016年 谷川俊太郎 詩とコラボレーション企画(カレンダー刊行)

2018年 瀬戸内市立美術館 「―いとしき動物たち―」

2020年 伊勢丹新宿店 「―素朴なおかしみ―」

2021年 北野天満宮・龍谷大学に作品収蔵

2022年 MU GALLERY

 

<主なグループ展・アートフェア出品>

2009年 IMA ART AUCTION 2009(同‘10), ART STREAM 2009

2010年 三菱アート・ゲート・プログラム9(同‘10:東京)

2011年 アートフェア東京(同‘12,‘13,‘14,‘16東京)

ART TAIPEI(2011:台湾), 木津川アート(2011:京都)

2012年 ULTRA005(2012:東京)

2018年 日本橋三越本店 三越美術逸品会

​Artworks

カメレオン

15×16×23㎝

檜、アクリル着彩

2021

ゼブラクダ

17×13×20㎝

檜、アクリル着彩

2021

キツネイヌ

60×56㎝

板パネルにアクリル画材

2022

タイガー

61×60㎝

板パネルにアクリル画材

2022